DecoupageCrafts

デコパージュ作品の制作と教室をしています

デコパージュについて

デコパージュ(Decoupage)という言葉の起源は、フランス語のCouper(クペ:切る)と言われています。
今日では、デコパージュはヨーロッパをはじめとする英語圏において
「模様や絵の描かれた紙を自由に切り抜いて様々な物の表面を装飾する手法・工芸品」を指す言葉となりました。

絵や写真、ポスターをはじめ、新聞、雑誌の1ページまで、
アイディア次第で身の回りのあらゆる紙や布などが装飾の材料として使われ、
ニスや専用のコーティング剤で覆うことよって美しく仕上げられます。
棚、机、椅子、小物入れ、食器、ガラス瓶、石鹸、かばん…など、対象もまた制限はありません。

デコパージュは人の文化に根差した工芸であり、長い歴史があります。
紙や布で何かを飾るということで言えば、ルーツは世界中の文化に点在しています。
中国では12世紀頃から、極彩色の紙を切りだして照明や家具、窓や箱などを飾る技法がありました。
また紀元前にさかのぼれば、東シベリアの遊牧民が墓を布で飾っていたことも、通じるところがあるでしょう。

デコパージュとしての技法が確立された経緯は、17世紀頃に東アジア、
特に日本の漆工芸品が貿易商人の手によってヨーロッパに持ち込まれ、
それをヴェネツィアの家具職人が真似て作り始めたのがきっかけと言われています。

アジアの漆工芸品は当時のヨーロッパで最先端のオシャレな調度品として流行していました。
しかし漆工芸は制作に多大な労力を必要とするため、次第に需要に対して供給が追いつかなくなっていきます。
そこで職人たちは、描かれた絵を切りだして貼り、その表面にニスなどのコーティングをするという代案を閃きました。
その斬新なアイディア(?)は、手間を省きたいという効率化の産物かもしれませんが、
次第にさまざまな応用と技法が生み出され、デコパージュとして全く別の工芸にまで発展していきます。

18世紀~19世紀にはヨーロッパ中で広がり、
20世紀にはアメリカでも一般的な手芸として浸透、現在は日本でも徐々に認知され始めました。

アイディア次第で身近なものが飾るための材料になり、
装飾を施した品物達は世界で1つしかない自分だけのオリジナルに。

デコパージュは、そんな誰もが芸術家になれる手芸です。

公開日:
最終更新日:2013/09/04